top> ジュニアクラス(年長)

ジュニアクラス(年長)

ジュニアクラスの授業は幼稚園でのみ行っています。

授業はどのように進めるの?

一回の授業時間は60分です。これは子供の集中力が続く時間です。授業は常に新しい内容で好奇心を刺激する時間割になっています。


授業時間

映像トレーニング

授業の最初に、子どもたちの参加の姿勢を引き出し、興味を引くようためにモニターを使った映像トレーニングを行います。
画面に映ったものを数える、一瞬表示される絵を覚える、迷路を目で追うなど、豊富なバリエーションの問題で集中力を持続させます。

立体パズルトレーニング

積木を積んで色々な方向から見たり、折り紙を折って切ったり、実際にものを使ったパズルトレーニングです。また、他の子どもと一緒にパズルやゲームを行います。想像力・記憶力・想像力を総合的に刺激します。 年齢に応じて、使う道具やゲームのルールを調整することで、理解度に合わせた無理のないトレーニングになります。

えんぴつトレーニング

色鉛筆やえんぴつを使い、線を書いて解くパズルトレーニングです。迷路をたどったり、点をつないで絵を描くなど、文字を書くための練習につながります。 問題はお持ち帰りいただき、ご家庭でも日常的にトレーニングを行うことができます。


パズル教室の仕組み

幼児期の子どもにとって効果的に「考えること」を経験してもらうために、様々な工夫をしています。

子どもの集中力を持続させる

1回の授業の中で、次々に新しいパズルに挑戦することで、子どもたちの集中力が続きます。

他の子どもとのコミュニケーションの中で考える

他の子どもたちと一緒に考えたり、競争したりことで協調性・社会性を育てます。

実際の物を使って考える

プリントや映像だけでは体験できない、ものを使ったパズルで、豊富な実体験を身につけます。